2007年11月24日

"Finally, the truth." 第34章554ページ

第34章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ついに真実。かつてそこで勝つための秘訣を教わっていたと思っていた校長室で、ほこりっぽいカーペットに顔を押し付けて横たわりながら、自分は生き延びることにはなってなかったということをハリーはついに理解した。自分のすべきことは、落ち着いて死の迎える腕の中に歩いていくことだった。その途中で、ハリーは残っているヴォルデモートの生へのつながりを絶つことになっていた。そうすれば、ついにハリーがヴォルデモートの進む道に立ちはだかったときに、杖を上げて自分を守ろうとせず、終わりがすっきりとしていて、ゴドリックの谷でなされるべきだった仕事が終わるように。どちらも生きず、どちらも生き残ることはできない。
posted by みちえ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。