2007年11月18日

I am fortunate, .." 第33章546ページ

第33章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

「私は幸運だった。非常に幸運だったよ、君がいてくれて、セブルス。」
「もう少し早く呼んでくれさえしていたら、もっとしてあげられたかもしれなかったのに。もっと時間を稼いであげられたのに。」とスネイプは怒って言った。スネイプは破壊された指輪と剣を見下ろした。「指輪を壊せば呪いも破れるとでも思ったのですか?」
「まあそんなところだ。私は頭がどうかしていたに違いない」とダンブルドアは言った。なんとかダンブルドアはいすの上でしゃんと体を伸ばした。「これで物事はずっと明快になった」

ここのスネイプの言葉にはダンブルドアに対する個人的な愛着が含まれているような気がしました。
posted by みちえ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。