2007年11月15日

"Harry wriggled into the earthly passage ..." 第32章523ページ

第32章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ハリーは柳の木の根の中に隠れた地中の通路の中にからだをよじらせてもぐり込んだ。3人が最後にそこに入ったときより、通路は3人にとってずっときつくなっていた。トンネルの天井は低く、4年前にはその中をからだを二つ折りにして通らないといけなかったが、今は這うことしかできなかった。ハリーが先頭に立ち、杖に明かりをつけ、いまにも障害に出会うことを予想していたが、何も来なかった。3人は静かに動き、ハリーの視線は自分のこぶしに握られた杖の揺れ動く明かりにすえられていた。

4年前3巻のときは、ハリーたちも13歳で、それから3人とも成長したため、通路がずっときつくなったということなのでしょうね。
posted by みちえ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。