2007年11月15日

"Somehow he walled it all up ..." 第32章522ページ

第32章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ハリーはどうにかそれを自分の心の中に閉じ込め、今はのぞき込むことのできない小さな空間の中に押し込めた。フレッドとハグリッドに対しての思い、城の内外に散らばった自分の好きな人たちみんなについての恐怖はみな後回しにしないといけない。なぜなら、自分たちは走しらないといけない、ナギニのところに、ヴォルデモートのところに行かなくてはならないのだ。なぜなら、それがハーマイオニーの言うとおり、それを終わらせる唯一の方法なのだから。
posted by みちえ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。