2007年11月13日

"Harry seized a pair of heavy-looking ...." 第31章508ページ

第31章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ハリーは一番近くのがらくたの山の中から重そうな箒を2本つかみ取り、1本をロンに投げると、ロンはハーマイオニーを箒の上に引っ張りあげて、自分の後ろに乗せた。ハリーは2本目の箒にまたがると地面を強く蹴り、3人は宙に舞い上がって、数フィートのところで炎の猛禽類のくちばしを逃れると、その猛鳥は3人に向かってカチッとあごを閉じた。煙と熱はだんだんに耐え難くなってきている。その下では、呪われた火が何世代にも渡る追い詰められた学生たちの禁制品を、無数の禁じられた実験のやましい結果が、その部屋に隠れ場所を求めた数知れない人々の秘密をなめ尽くしていた。マルフォイ・クラブ・ゴイルのいずれもの影も形もハリーにはみつからなかった。獲物を求めて徘徊する炎の怪物たちの上を、彼らを見つけようとハリーはできる限り低く飛んでみたが、そこには火しかなかった。なんというひどい死にかただろう。こんな死にかたは自分は嫌だとハリーは思った。
posted by みちえ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66339895

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。