2007年11月13日

"Malfoy grabbed ...." 第31章508ページ

第31章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

マルフォイは気を失ったゴイルをつかみ、引きずった。全員を追い越していったクラブは今や肝をつぶしているようだった。ハリー・ロン・ハーマイオニーはその後をものすごい勢いで走っていき、火は彼らの後を追った。それは普通の火ではなかった。クラブはハリーの知らない呪文を使ったのだった。3人が角を曲がると、炎がついてきて、その炎はまるで生きていて、感覚があり、3人を殺すつもりでいるかのようだった。今や火は形を変え、火炎の動物の巨大な群れとなっていた。燃え盛る蛇、キメラ、ドラゴンが上がって、下がって、また上がった。そして、何世紀にも渡るがらくたは火の動物の餌となり、宙に投げ出され、火の動物たちの牙の生えた口の中に入り、爪の生えた足の上高く放り出された後、大火になめ尽くされた。
posted by みちえ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66339346

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。