2007年11月13日

"I've had hundreds of students ..." 第31章500ページ

第31章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

「何百人もの学生たちがどっとやって来て、パブを駆け抜けて行ったぞ、ポッター」
「知っているよ。避難中なんだ」とハリーは言った。「ヴォルデモートが…」
「攻撃しているんだろう。おまえを手渡さなかったから」とアバフォースは言った。「耳が聞こえないわけじゃない。ホグスミード中に聞こえたさ。それで、スリザリン生を何人か人質に取っておこうという案は誰にも思い浮かばなかったのかな?今避難させた中には、死喰い人たちの子供もいたんだぜ。そいつらをここに置いておくほうが、ちょっと賢かったんじゃないのかな」
「そんなことをしてもヴォルデモートを止められなかっただろう」とハリーは言った。「それに、あなたのお兄さんだったら、絶対にそんなことはしなかっただろう」
アバフォースはぶつぶつ言って、反対の方向に駆けていった。

この後、再びハリーがアバフォースを見たときには、アバフォースは学生たちを率いて戦闘中でした。
posted by みちえ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66338488

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。