2007年11月02日

第29章 感想と気になる点

第29章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

懐かしい顔が出てきましたね。特にこれまでネビルの成長ぶりを頼もしく思ってきたわたしには、ついにネビルのおばあさんが、ネビルを誇りに思う、それでこそあの両親の息子だと言ったシーンはとてもうれしかったです。ネビルのおばあさんも死喰い人たちを相手に回して、見事逃げおおせたとはさすが。

ネビルが食べ物がほしいと願ったときにホグス・ヘッドへの通路が現れたという話には、ホグワーツで助けを願う者には必ず助けが現れるというダンブルドアの言葉を思い出しました。

チョーがハリーにレーブンクローの像を見せると言ったシーンで、ジニーが強烈に反対して、ルナに案内させることにしたのは、ほほえましく思いました。やっぱりハリーのことがまだ好きで、激しく嫉妬したのでしょうね。一方、ラベンダー・ブラウンの再登場で、ハーマイオニーはどう思ったのだろうと思ってしまいました。
posted by みちえ at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
29章のあらすじがないかと思うのですが……
Posted by あさ at 2007年11月03日 22:07
あささん、どうもありがとうございます。
このところブロードバンドの調子が悪くて、29章のあらすじも自分ではアップしたと思っていたのですが、接続が途中で切れてアップされていなかったようです。お知らせをいただいて、すぐに投稿しなおしました。どうもありがとうございます。たいへん助かりました。これからもお気付きの点がありましたら、ぜひお知らせください。
Posted by みちえ at 2007年11月04日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64171170

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。