2007年10月29日

第27章 あらすじ

第27章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

やけどを負った肌にひんやりとした風は心地よかったものの、3人は必死でドラゴンの背にしがみついていました。グリンゴッツから脱出できたことをハリーはありがたく思いますが、ヴォルデモートがホークラックスを盗まれたことに気が付いて、いつ額の傷が痛み出すかとハリーは思っていました。ドラゴンが降下していることにロンが気づくと、十分低くまで降下したら、3人は湖に飛び込むことにします。

3人は無事岸に上がります。ハリーの傷が痛み、ハリーたちに金の杯を盗まれたことを報告するゴブリンをニワトコの杖でヴォルデモートが殺した後、ベラトリックスやルシウスがわれがちに部屋の外に飛び出し、残った魔法使いをヴォルデモートが殺しているのがハリーに見えました。ヴォルデモートはハリーがホークラックスについて知っているのではないかと疑い始めています。ホークラックスが破壊されてもヴォルデモートにはそれが感じられないようでした。ヴォルデモートは残っているホークラックスをチェックしに行くことにしました。まずは、ゴーント家に行くことにします。

目を覚ましたハリーはロンとハーマイオニーにヴォルデモートのこれからの行動を告げ、ホグワーツに隠されているホークラックスはもっとも安全と思われるため、ヴォルデモートは最後にチェックに行くだろうといいます。ハリーとロンは即座にホグワーツに行く決意をします。ハーマイオニーは計画を立てないで行動することに抵抗を覚えますが、結局、ほかのホークラックスがなくなっていることに気が付いたヴォルデモートがホークラックスをホグワーツから移す危険性を考えて、一刻を争うことがわかると、3人はInvisibility Cloakに隠れて姿消しの術でホグスミードに移動します。
posted by みちえ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 章別あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63324218

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。