2007年10月29日

"It was Griphook who ..." 第26章436ページ

第26章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

それ(グリフィンドールの剣)を見たのはグリップフックで、突進したのはグリップフックだったが、その瞬間、剣をハリーたちのものにさせておくつもりは最初からそのゴブリンになかったことをハリーは悟った。一方の手で、一掴みのハリーの髪をしっかりと握りしめ、押し寄せる焼ける黄金の海の中に落ちないように、グリップフックは剣の柄をつかむと、ハリーの手の届かないところに高く振り上げた。
持ち手に剣の刃が通った小さな金の杯が空中に放り出された。ゴブリンがまたがったまま、ハリーは飛び込み、杯をつかまえた。そして、それが自分の肉を焼くのが感じられたが、彼のこぶしから無数のハッフルパフの杯が飛び出し、ハリーの上に降り注ぐ間も、ハリーはそれを手放さなかった。そのとき、金庫室の扉が再び開き、ハリーは焼けるような金銀のなだれが広がる上を自分でどうすることもできないまま滑り、そのなだれはハリー、ロン、ハーマイオニーを金庫室の外に運び出した。
posted by みちえ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63323810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。