2007年10月29日

"Harry could not help but ..." 第26章419ページ

第26章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ハリーがブラックソーンの杖に対する嫌悪感を口にすると、ハーマイオニーは気のせいだと言い、自分の杖ほど魔法の効き目がないとハリーが言うと、とにかく練習しろと言ってハーマイオニーがきっぱりとはねつけたことをハリーは思い出さずにはいられなかった。しかし、ハリーはハーマイオニーのアドバイスを当の本人の向かって繰り返すのはやめた。グリンゴッツを襲撃しようという日の前夜にハーマイオニーを敵にまわすのはよくないと思ったからだ。
posted by みちえ at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63115083

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。