2007年10月29日

第26章 感想と気になる点

第26章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

テンポが速く、アクションの多い章でした。UK版の表紙を最初に見たときにこれが死の秘宝なのかと思いましたが、実はこの章のシーンだったのですね。最後にハリーたち3人は宝物を手に入れて幸せになるのかと思ってのですが、実はこの宝物はほとんどは偽物だったわけです。

ハッフルパフの杯を手に入れたのはよかったのですが、大事なグリフィンドールの剣を失ってしまいました。これでは破壊することができません。それにしても、憎きはグリップフック。こいつはやっぱり信用できない悪い奴だったのですね。

ハリーにハッフルパフの杯を取る手伝いをするとき、あんなに嫌っていたプリンス(若きセベラス・スネイプ)の魔法をハーマイオニーが使ったのがちょっと笑えてしまいました。

そのほか気になった点は次の「気になる英語表現」で取り上げてみたいと思います。
posted by みちえ at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63114456

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。