2007年10月26日

"As he followed Bill ..." 第25章419ページ

第25章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ビルの後についてほかの人たちのいるところに戻るとき、皮肉な考えがハリーに浮かんだが、きっとそれはさっき飲んだワインのせいに違いない。シリウス・ブラックがハリーにとってそうだったのとちょうど同じように、ハリーもテディー・トンクスにとって向こう見ずな名付け親になる道を踏み出したようだ。
posted by みちえ at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この最後の一文は意味深にしてありますね。ハリーがシリウスと同じ運命をたどるような・・・ドキッとします。
Posted by まめ at 2008年01月21日 22:16
そうですね、とても意味深な文だと思います。ただ単に性格的なことを表しているだけならいいのですが、シリウスと同じ運命をたどるのではないかという暗示のようでもあります。読者に不安を抱かせる意図で書かれた文なのでしょう。
Posted by みちえ at 2008年01月22日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。