2007年10月24日

"Never mind how I know it" 第24章402ページ

第24章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

「どうして僕がそれを知っているのかはどうでもいい」とハリーは言った。額の傷の焼けるような痛みに一瞬目を閉じると、ほんの数秒、ホグスミードの表通りがハリーの脳裏に浮かんだ。ホグスミードはずっと北にあるので、まだ暗かった。「グレゴロビッチがその杖を持っているとあの人に言ったんですね?」

イギリスは南北に長いため、北と南では日の出日の入りの時間が異なります。ビルとフラーの家はイングランドの南海岸にあると思われ、ここでは日の出の様子が描かれていますが、ホグスミードにはまだ日が昇っていないようです。
posted by みちえ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。