2007年10月23日

第24章 あらすじ

第24章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ハリーは、ダンブルドアが死んだ夜と同じような気持ちになりました。どうやら、ハリーの着いたところは正しい場所だったようで、ハリーの助けを呼ぶ声を聞いて、ビル・フラー・ディーン・ルナの4人がやって来ます。

魔法を使わずに汗水流してドビーを葬るのが、命を救ってくれたお礼になると思い、ハリーは墓穴をシャベルで掘り始めます。ハリーを逃した罰をヴォルデモートが下しているのがまるで望遠鏡を逆にのぞいたようように、ハリーに見えました。スネイプとの授業では閉心術を習得できなかったハリーでしたが、深い悲しみがついにそれを可能にしたようです。

ヴォルデモートがグリンデルワルドの捕まっている刑務所に行って、彼を殺したことがハリーにはわかっていました。ロンとディーンが加わり、ドビーに帽子・靴下・靴をはかせ、ジャケットで包んで埋葬します。ビル・フラー・ハーマイオニー・ルナも家から出てきて、簡単な葬式をしました。

皆が家の中に入り、ドビーの墓のそばに残って、墓石に墓碑銘を刻むハリーにはさまざまな思いが浮かんできます。ハリーが家の中に入ると、皆は今に集まっていて、ビルが話をしているところでした。幸い、ジニーは休暇で家に戻っていたため、ウィーズリー家は一家全員、ミュリエルの家に無事移動することができました。オリバンダーとグリップフックがよくなり次第、ここを引き上げてもっと大きいミュリエルの家に全員移動するとビルが言います。

ハリーはホークラックスか死の秘宝かと心の中で自分に問うた挙句、グリップフックに先に会うことを選びました。ハリーはグリップフックにグリンゴッツ銀行に侵入する手伝いをしてほしいと頼みます。ハリーはホークラックスはグリンゴッツの中のレストレンジ家の金庫室にあると考えています。グリップフックは考えておくといいました。、この間もハリーの脳裏にヴォルデモートがホグワーツに向かっているのがちらちらと浮かびますが、ハリーは心を閉ざそうとします。

次に別室のオリバンダーと話をします。ハリーはまず2つに折れた自分の杖を直せないかとオリバンダーに聞きますが、答えは不可能ということでした。ハリーは自分の得た2つの杖についてオリバンダーに尋ねます。それは、ドラコの杖とベラトリックスの杖で、他人から奪った杖は新しい所有者に忠誠を示すということです。ハリーはドラコの杖を、ロンはワームテールの杖を使うことに決めたようでした。ヴォルデモートがニワトコの杖を手に入れようとしているというハリーの考えはオリバンダーによって確認されます。マルフォイ家においてきたブラックソーンの杖とハーマイオニーの杖にPriori Incantatemを使うことによって、ヴォルデモートは兄弟杖であるハリーの杖がすでに使い物にならなくなったことを知るだろうとハリーは言います。前の所有者を殺さないと次の所有者に受け継がれないという伝説が本当かどうかはわからないが、ニワトコの杖は確かに存在するとオリバンダーは言います。この杖をグレゴロビッチが持っていると、拷問にかけられたときにオリバンダーはヴォルデモートに言ったのでした。これはグレゴロビッチ自身が始めた噂のようです。最後にハリーはオリバンダーに死の秘宝について聞きますが、オリバンダーは何のことを言っているのかわからないと言い、それは本当のようでした。

ハリーはロンとハーマイオニーを従えて、庭に出ます。痛みはさらに激しくなりつつあり、ハリーが自分の考えを確認するために、ヴォルデモートの思いに自分の意識を明け渡す前に、ロンとハーマイオニーに説明しておかないといけないとハリーは必死に痛みに抗います。グリンデルワルドがグレゴロビッチから杖を盗んだこと、グレンデルワルドがそれを使って強力になったものの、ダンブルドアとの対決に破れ、ダンブルドアがグリンデルワルドから杖を取ったことをハリーは2人に話します。ハリーはその杖がホグワーツにあるのを知っていました。すぐにホグワーツに行こうと言うロンに、すでに遅いとハリーは言います。ハリーはグリップフックとオリバンダーのどちらに先に話をするかという決断に迫られたときに、すでにホークラックスのほうを選択していました。それは、ダンブルドアはハリーに死の秘宝を手に入れてほしくないと思い、ホークラックスを手に入れてほしいと思っていたとハリーが考えたからでした。

そして、ハリーの意識はヴォルデモートの意識に譲ります。そこはホグワーツで、ヴォルデモートはスネイプと一緒に湖への道をたどっていました。ヴォルデモートはスネイプを城に帰します。1人になるとヴォルデモートはダンブルドアの墓に行き、それを開いて、ダンブルドアの遺骸と一緒に埋葬されていたニワトコの杖を手に入れます。
posted by みちえ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 章別あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61993464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。