2007年09月26日

"And in the instant ..." 第17章278ページ

第17章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

目をそらして、(鏡台の上の)くちゃくちゃの塊の中を目で剣のつか、ルビーを捜していた瞬間、バチルダは奇妙な動きを示した。ハリーはそれを目の端にとらえた。パニックをおぼえて、ハリーは向きを変えると、年老いた体がが崩れ折れ、巨大な蛇がバチルダの首のあったところから立ち上がると、ハリーは恐怖で身動きができなくなった。ハリーが杖を上げると、蛇が襲いかかってきた。ハリーの上腕に蛇が噛み付いた勢いで、杖は天井に向かってくるくる回りながら飛んだ。天井の灯りは目まぐるしくぐるぐると部屋の中を揺れ動いたと思うと、消えてしまった。そして、尻尾がハリーの腹を激しく打つとハリーは息ができなくなった。鏡台の上、かびて汚れた服の上に、後ろ向きにハリーは倒れた。
ハリーは横に転がり、かろうじて蛇の尾を避けると、蛇の尾はついそれまでハリーがいた鏡台の上を激しく打った。ハリーが床に落ちると、ガラスの台の破片がハリーの上に降りかかった。階下からハーマイオニーが「ハリー?」と呼ぶのが聞こえた。
呼び返すことができるほどの息を十分に肺に入れることがハリーにはできなかった。そして、重く滑らかな塊がハリーを床に叩きつけ、ハリーは力強く、たくましいその塊が自分の上を滑っていくのを感じた。
posted by みちえ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。