2007年09月23日

"He had been sure that ..." 第14章232ページ

第15章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ヴォルデモートが兄弟杖の問題を克服する方法を探していて、年老いた杖作りのグレゴロビッチからその答えを求めていたハリーは確信していた。また、それなのに、見たところ杖に関する質問は一切することなしに、ヴォルデモートはグレゴロビッチを殺した。ヴォルデモートは何を見つけようとしているのだ?魔法省と魔法界はいまや彼の支配下にあるというのに、グレゴロビッチがかつて所有していて、名前のわからない泥棒に盗まれたものを追い求めるために、ヴォルデモートがわざわざ遠くまでやってきたのはなぜなのだ?
posted by みちえ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。