2007年09月23日

"His scar was starting to prickle ..." 第14章229ページ

第15章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

ハリーの傷が再びずきずきし始めていた。こうしたことを考えることによって額の傷が痛むのではないかとハリーは思って、他のことを考えるようにした。ハリーはかわいそうなクリーチャーのことを考えた。家で3人を待っていたクリーチャーは代わりにヤックスリーを迎えることになった。クリーチャーは口を割らずにいられるだろうか?それとも、知っていることをすべて死喰い人のヤックスリーに話すだろうか?この1ヶ月の間にクリーチャーのハリーに対する態度は変わっていた、今ではクリーチャーは忠実だとハリーは信じたかった。が、どうなるかはわからない。もし死喰い人たちがクリーチャーを拷問したら?ぞっとするような光景でハリーの頭がいっぱいになり、ハリーはそれを押しのけようとした。クリーチャーについては、彼に出来ることは何もないのだから。ハリーとハーマイオニーはすでにクリーチャーを呼び寄せないことにしていた。ハーマイオニーの袖のへりにくっついて、ヤックスリーをグリモールドプレースに連れてきてしまったような欠陥が、しもべ妖精の姿現しの術にはないとは自信を持って言い切れなかったからである。

posted by みちえ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。