2007年09月19日

"Nameless forebodings crept up on him ..." 第14章229ページ

第14章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

暗闇に座っていると、名状しがたい不吉な予感がハリーの胸に忍び寄った。ハリーはそれに抗い、それを押しやろうとしたが、それは容赦なくハリーに襲いかかった。「もう1人が生き残っている間にはどちらも生きられない」ロンとハーマイオニーはハリーの後ろのテントの中で静かに話していて、2人はやめたいと思えばやめることができた。が、ハリーにはできなかった。そして、そこに座って自分自身の恐怖と極度の疲労に打ち勝とうとしながら、自分の胸の上のホークラックスは自分に残された時を刻み続けているかのようにハリーには思えた。馬鹿な考えだとハリーは自分に向かって言った。そんなことは考えるな。
posted by みちえ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56021329

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。