2007年08月28日

"My kind don't usually breed!" 第11章176ページ

第11章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

「僕たちの種族は通常子供は作らないんだ!もし赤ん坊が僕みたいだったら、きっとそうだと思うけど、どうして自分自身を許せるだろう?知っていながら、罪もない子供にこの体質を受け継がせるような危険を冒してしまったというのに。それに、もし何かの奇跡で、赤ん坊が自分のようでなかったら、常に恥じないといけないような父親がいないほうが、赤ん坊にとっては100倍も幸せなことだ。」

"breed"という言葉は、普通動物に使われ、人間に使われるときには、子沢山のイメージを持ちます。あえて、"conditions"(病気を表すのによく使われます)という言葉など、言葉の使い方に、自分が狼男であることをルーピンが深く恥じている様子が表れていて、とても気の毒な気がします。通常狼男が子供を作らないのは、慕ってくれる女性(女性だけでなくて、普通は同性の友だちすら)がめったに現れないからなのでしょうね。
posted by みちえ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。