2007年08月28日

"Muggle-born Register" 第11章172ページ

第11章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

「『マグル出身者登録』」と彼女(ハーマイオニー)は声に出して読んだ「『魔法省では、いわゆる「マグル出身者」がどのようにして魔法の秘密を所有するにいたったのかをよりよく理解するために、調査を行っている』
『神秘部によって行われた最近の調査によると、魔法使いに子供ができたときにのみ、魔法は人から人へと伝えられる。それゆえ、家系に魔法使いがいたことが証明されない場合、いわゆる「マグル出身者」たちは魔法の力を盗みによって、あるいは力ずくで得たと思われる』
『魔法省はこのような魔力の強奪を根絶しようとしており、この目的のため、すべてのマグル出身者に対して、新しく任命されたマグル出身者登録委員会による面接に出頭するよう呼びかけた』」。

不条理で、とんでもない口実ですね。でも、「根絶」というのが何を意味するのか、マグル出身者の身の上が心配になります。
posted by みちえ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52967057

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。