2007年08月28日

"It was not I who killed you ..." 第11章167ページ

第11章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

「あなたを殺したのは私ではない、アルバス」

これが合言葉だったのですね。うに2さんが、第10章に対するコメントで、"kill"という言葉だけでは、効力が弱すぎるとおっしゃっていましたが、ハリーの言ったことは、ほぼ意味的にもこれに一致するため、魔術解除のコードとして効力を示したのではないでしょうか。
posted by みちえ at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正解ありがとうございます。
でもへそ曲がりな私なら、アンチテーゼとして
「あなたを殺したのは私なのですよ、アルバス、フフフ・・・」
など、のたまいそうですが(笑)。
Posted by うに2 at 2007年08月29日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。