2007年08月25日

"He read the letter again ..." 第10章150ページ

第10章をすでに読み終えられた方は「続きを読む」をクリックしてください。

彼(ハリー)は手紙を読み返したが、最初に読んだとき以上に意味を読み取ることはできず、ハリーは手書きの文字自体をじっと見つめた。母親のgの書き方は自分のと同じだった。ハリーは手紙の中のすべてのgの文字を探したが、そのひとつひとつはまるでベールの向こうに垣間見えて、親しみをこめて小さく手を振っているように思えた。この手紙は信じられない宝物だった。リリー・ポッターが生きていた、実際に生きていたという証拠だった。そして、かつて母親の暖かい手がこの羊皮紙の上を動き、これらの字に、これらの言葉、彼女の息子であるハリー、つまり自分に関するこれらの言葉にインクを残したという証拠だった。
posted by みちえ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52621132

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。